前にもこのブログで書いたように耳と音声の時代がいよいよ本格到来かなという気がしています。

GoogleHomeがマルチユーザー対応。“目”の次は”声”と”耳”の取り合いに

■ディバイスが出揃ってきた

自宅でGooogleHome活用していますが、まだまだできることは少ないですね。

Actions on Googleで楽天レシピや食べログに対応したので、購入時よりできることが増えて嬉しいです。

「Google Home」、最初に利用できるサービスまとめ

耳と音声周りのディバイスは続々と出揃ってきてますね。Amazon Alexaも11/8に発売とのこと。

[速報] AIスピーカー「Amazon Echo」が11月8日上陸確定、巻き返しなるか?

AppleのAirPodsを始めとする、無線イヤホンもSony、Boseからも発売され普及してきてますし、耳、音声関連のディバイスはまだまだ進化するかと。

■精度は高くなってきている

このブログの下書きも音声で入力しますが、慣れてくると凄く楽です。

数年前に音声入力してみて、ダメだーという印象を持って最近試してなかったら試してみた方がいいと思います。

■Voicyが面白い

耳、音声系のサービスで面白いなと思うのはVoicyです。もともとラジオ好きというのもあるのですが。

Voicy – ひと息つくときの音声ニュースアプリ

匿名ベンチャー支援家 Kさんのチャンネルとかは、スタートアップ界隈でも聴いている人が多いのではないかと思いますが、他にもセントフォースと組んだり、GoogleHome国内発売開始に合わせてしっかりと対応してくるなど大手のとの取り組みもいち早く実現している点が凄いなと感じています。

ライブコマース流行っているけど、ラジオCMみたいに、ライブ音声コマースとかも流行るんじゃないかな。

■幼児教育とか介護福祉とかのジャンルで活用できそう

こんなサービスも始まるみたいですが。

AIスピーカーで「ピカチュウ」と会話、Google HomeとAmazon Alexaで

音声系のサービスは幼児教育とか、介護福祉領域との相性がいいのではと思っています。

単純に既存のインターネットサービスを音声で動作させれますよといったレベルではない、色々なサービスが出てくるんじゃないかと思っています。


耳と音声の時代がようやく本格到来な気がするんだけど、そんな中Voicyが面白い。 was originally published in No study No life on Medium, where people are continuing the conversation by highlighting and responding to this story.



SOURCE

LEAVE A REPLY

Please enter your comment!
Please enter your name here